βテスト

この度はロストアーカイブβテストにご参加いただき、ありがとうございました。
突然の発表、そして平日での開催にも関わらず多数のご参加と貴重なご意見をいただいたこと、心より御礼申し上げます。

各種SNSやアンケート等からお寄せいただきましたご意見にはすべて目を通し、内容の確認検討を行いました。
頂戴したアンケート結果や、特にご意見ご要望が多かった内容へのフィードバックおよび、今後の開発の方向性につきまして、
一部とはなりますが皆様にお伝えをさせていただきます。

なお、フィードバックでお伝えをした仕様等につきましても、
今後の開発上での問題によって仕様変更が発生する可能性があります。
また、優先度の関係上実装を行わない仕様や、正式サービス開始以降での導入となる可能性もございますので、
この点はご了承いただけますと幸いです。

プレイヤー傾向



性別については圧倒的に男性が多いという結果になりました。
普段プレイするゲームのジャンルについてはカードゲームをプレイされている方が
全体の4割を占めたにも拘わらず多種多様なプレイコンテンツ名を上げていただいたという結果から
ゲーム性とクリエイターの両面に興味を持っていただき、非常に幅広くの層にプレイしていただいた印象です。



性別については圧倒的に男性が多いという結果になりました。
普段プレイするゲームのジャンルについてはカードゲームをプレイされている方が
全体の4割を占めたにも拘わらず多種多様なプレイコンテンツ名を上げていただいたという結果から
ゲーム性とクリエイターの両面に興味を持っていただき、非常に幅広くの層にプレイしていただいた印象です。

プレイ時間について



全体の77%以上のユーザーに1時間以上楽しんでいただくことが出来ました。
とはいえ、できるだけ多くの方になるべく長い時間楽しんでいただけるようにと考えており
この点は改善すべきだと考えています。

また、バトル時間の平均は7.5分でした。
上記のバトル時間についてはある程度想定していた通りではありましたが、
今回の初期のバランスでは奥義「雲外蒼天」の影響が強く
ミニオンを互いに処理し合った際にバトルが長引く傾向が見られました。
少し長い、長すぎるといった声に関してはこの影響があると考え、今後改善していきたいと考えています。



全体の77%以上のユーザーに1時間以上楽しんでいただくことが出来ました。
とはいえ、できるだけ多くの方になるべく長い時間楽しんでいただけるようにと考えており
この点は改善すべきだと考えています。

また、バトル時間の平均は7.5分でした。
上記のバトル時間についてはある程度想定していた通りではありましたが、
今回の初期のバランスでは奥義「雲外蒼天」の影響が強く
ミニオンを互いに処理し合った際にバトルが長引く傾向が見られました。
少し長い、長すぎるといった声に関してはこの影響があると考え、今後改善していきたいと考えています。

総合評価について

とてもありがたいことに
プレイする(62.1%)
不満点が改善されればプレイする(32.1%)
と94%のユーザーからリリース後のプレイに前向きな意見をいただくという大変ありがたい結果となりました。
いくつかの厳しい意見も頂戴いたしましたが、正式サービスに向けて、ご期待に添えるよう努めてまいります。


とてもありがたいことに
プレイする(62.1%)
不満点が改善されればプレイする(32.1%)
と94%のユーザーからリリース後のプレイに前向きな意見をいただくという大変ありがたい結果となりました。
いくつかの厳しい意見も頂戴いたしましたが、正式サービスに向けて、ご期待に添えるよう努めてまいります。

その他多かった意見

▼今後のバランス調整について
1.奥義が使用可能になるターン制限を追加
βテストでは奥義「雲外蒼天」の影響が強く積極的に対戦相手のライフを攻撃するデッキが活躍しづらい状況でした。
また、いつでも使用出来るという特性から、効果的にも派手にしづらく、敵味方巻き込むところから使い勝手が悪い状況でした。
奥義に制限を追加することで、より派手に、より逆転を狙いやすい調整にしていければと考えています。

2.盤面の配置を無視するデッキの弱体化
βテスト後半では、その豊富な除去カードから、相手の全てを捌き切ってしまうデッキが散見されました。
このようなデッキが存在すること自体は問題ないとは考えていますが、
盤面を意識してほしい本ゲームにおいてはそのようなデッキが容易に勝利出来る環境には問題があると考えています。
そのようなカードを弱体化し、そのようなデッキの勝率を下げていく調整を検討しています。


▼ロストアーカイブへの思いと今後の方針について
ロストアーカイブは「カードゲームの楽しさを勝ち負け以外の部分にもフォーカスした形で皆様に提供したい」という思いを持って開発しています。
具体的には大きくわけて以下4つの方針で開発を進めていきます。

1.勝敗ではなくゲームプレイ自体の目標づくり
・プレイ自体が楽しいゲームシステム
・ゲームに敗北しても成長出来る仕組み
・ソロモードの充実

2.デッキを考え、共有することに対する楽しみづくり
・カードの使用率の公表
・デッキビルダー(デッキ作成者)の表彰

3.よりカジュアルなプレイモードの開発
・イベントモード
・友達との協力プレイ
・サバイバル等の4人プレイ

4.カードをベースとしたコミュニケーションの提供
・ギルド、チャット
・動画観戦


あらためまして貴重なご意見をお寄せいただき、ありがとうございました。
また、βテストプレイに際し、至らぬ点があり、ご不便をおかけしたこと、お詫びいたします。
いただきましたご意見、ご要望を踏まえた上でより良い状況でサービスを提供できるよう努めますので
正式サービス開始まで、いましばらくお待ちください。